歴史

Howling Marshは不死者の巣窟として知られている。Valoranで起きた数々のRune Wrasの結果莫大な量の魔力が消費され、Valoranには数多くの傷跡が残った。Howling Marshはそのうちの一つである。

tryndamereTryndamereの一族は彼の幼少期にHowling MarshとIron spikeの間へと移住している。彼がたった一人で戦う戦士となったあの虐殺も、その移住先で起こったのである。

また、Durandによって作られた人工生命体であるgalioGalioは、その運搬途中でHowling Marshを通過しNoxianの暗殺者達に襲われた。Durandは死に、Galioは存在意義を失い絶望して主人の骸を守り続けていた。そして一休みするためにただの石像となっていたGalioの瞳に映ったのは通りかかったYordleの少女poppyPoppyの決意を胸に秘めた表情だった。彼女との出会いをきっかけにGalioは再び立ち上がる意思を燃やし、Noxianと戦うDemaciaに加勢しLeague of Legendsへと加わることになった。

雑学

karthusKarthusはアップデートが入る前まで、自称「Marshの支配者」であった。宵の最も深い時間には歌を歌ったという。長い旅路を経て、やがて滅んでいった者達の歌を。

Howling Marshと関係のあるChampion

Howling Marshと関連のあるChampion

poppyPoppy:Bandle Cityからの通信使として通過する
tryndamereTryndamere:在住していた事があり一族が襲撃を受ける
galioGalio:襲撃を受け石像と化すがPoppyを見て再起する

リンク

http://leagueoflegends.wikia.com/wiki/Howling_Marsh


スポンサードリンク