Noxus

noxus_small.png

文化

Valoran大陸の東側に位置する人間の都市国家であるNoxusはあらゆる点でDemaciaとは対照的である。
仲間達がどうなろうとも、いかなる方法が必要であっても肉体的にも精神的にも強い力があれば全てについて決着が付くという理念に基づいている。

Noxusの一般市民はNoxusの考え方に従っており、慈悲や哀れみの心もほとんどない。
力が力を生む、少なくともNoxusの住人はそう考えている。これは残酷であるようだが混乱を意味しているのではない。
住人は自然に、また必然的に人間的である様に、Noxusは統率の取れた都市であり、市民を脅威から守る規律もある・・・少なくとも彼らの親しい人達については守るだろう。
しかしNoxusでは明らかに市民は法律やそれ以上のものを上回る力によって守られてる。

一方中央部では彼らは人成らざる物を歓迎する、Noxus人は明らかに外国人嫌いである。
一般的に人成らざる物は、この都市の国境付近では歓迎されない。しかしながら例外が存在する、人成らざる物が自身の力や恐怖を証明できたときである。
Noxusへの人間の旅行者や移民はもまた同様に歓迎されない、しかしこれについても敵への恐怖や適正を証明できた場合は別である

LeagueではNoxusはFleshingと呼ばれる見世物で有名である。
それはグラディエーター的なもので、戦士が試合で勝つと同時に敵の数が更に増えるのである。
これは戦士の死を意味していた、しかし生き残れた物には同時に無類の栄光を得たのである。
Xin ZhaoAlistarはこの見世物を生き残り、Xin Zhaoは倒した敵の数の記録を保持している。

政府

Noxusを統治する組織はNoxian High Commandと呼ばれており、軍の最上部として活動している。
Noxusでは、軍は政治のあらゆる面をコントロールしている、つまり戦争と政治に隔てはないのである。
永遠に年を取らないHigh CommandのリーダーのCoram Darkwill将軍はとても長い間、Noxsusを統治してきた。
Darkwill将軍は人間にしてはとても長く生きすぎている、そして生き続けるために黒魔術を使っているのではないかと噂が流れた。
そんな噂が流れるのも無理はない、彼はDemaciaの王がJarvan1世の頃からHigh commandとしてNoxusを治めているのだから。
彼の力と征服への終わりのない欲求は、今日になってもNoxusを隣人にとっては悪夢のような存在にしている。

軍事

Noxusでは全ての市民に6年間の兵役が義務となっている、そして現役の内は常に予備兵となる。
Noxian High Commandは必要な時に市民を徴兵することができる。
Noxus軍は社会に置いて高い地位を与えられ、軍に何十年所属することも一般的である。
Noxusと彼らのライバルであるDemaciaの間が準平和的であっても、Noxus軍の仕事が絶えることは無い。

都市

Noxusは住民と同じように暗く邪険な都市である。
都市はgranite mountainの上に築かれ、都市の大きさと同じ大きさの地下が存在する。
建築物は山の頂上に建てられている。
都市の周りには堀があり、その中には腐敗した水が満たされており、用心深く都市を守っている。
granite mountainの頂上にはNoxian High Commandの本部があり、遠くから眺めると鬼のように見える。
しかしながら高い壁で囲われたNoxusはお世辞にも生活しやすい都市とは言えない。

Noxusの地下には山上と同等の都市が存在しており、大量の商店・宿屋があり住民はみすぼらしい格好をしており有名な都市の恥部となっている。
Noxusは様々な場所に繋がる洞窟を保持しており、貴族達はそれらの洞窟の所有権を持っている。

Leagueとの関係

NoxusはLeagueの形成について賛成ではなかったが、戦略的に賛成を支持した。
Valoronの行動に反対することは自殺行為であることが明白だったためである。
Leagueの形成を手伝うのにそれとは別に二つの目的があった。
一つ目はDemaciaと均衡状態を保つために軍事を強化すること。
これによりNoxusは更に他地域への支配を広めた、これはLeagueの形成の裏で行われていたためほとんど記録されていない。
二つ目はLeagueに参加することで魔法の研究を進めるためである、NoxusはDemaciaと比べ魔法の研究がかなり遅れていたからである。
NoxusとDemaciaの戦争は殆ど代理人がthe Fields of Justiceで行っている。
NoxusはDemaciaの間抜け顔に鉄拳を食らわせた時にだけ安らぐことができるのである。

最近、NoxusはIoniaに負け南部地方を奪われてしまった。
またNoxusの蛮族との平和協定は新興国のFreljordにより停止された。
NoxusはLeagueの法により、軍隊の撤退を余儀なくされている。

Zaunとの関係

NoxusはZaunと友好関係にある、Noxian High CommandはLeague内でよくZaunのChampionを味方として召喚する。
加えて科学的な殺戮兵器を作るために、ZaunのマッドサイエンティストのDr.Mundoの支援をしている。
Noxus内にDr.Mundoのための研究所を作り、実験を続けるために彼を管理している。
Ioniaからの進行があったときにZaunから傭兵としてSingedWarwickが支援に来たこともある。
この二人の狂人の殺戮と破壊はIoniaに酷い爪痕を残した。

Urgotが殺された時、Zaunの名のある学者Professor Stanwick Pididlyは彼に新しい体を提供した。
Ironspine MountainsのふもとにNoxusとZaunを繋ぐルートがあり、そこにはAskayとMelandという二つの小さな村がある。
一世紀に渡り、この村の人々は血みどろの戦し、交易の邪魔となっていた。
しかしNoxusの介入よりAskayとMelandは戦いをやめ、Noxusに忠誠を誓った。
対立が解決した今、NoxusとZaunの交易は静かに行われている。

小ネタ

・Noxusの都市モットーは「永遠の力を!」
・NoxusにはDemacian Commandosに対抗するためのCrimson Eliteと呼ばれる部隊が居る、TalonはCrimson Eliteの初期メンバーの一人である。
・NoxusのリーダーBoram DarkwilはKalamandaの戦いにおいて、Demacia軍により暗殺されたと噂されている。

Noxusと関係のあるChampion

Noxusに所属しているChampion

cassiopeiaCassiopeia:Noxusの将軍の娘、Katarinaの妹
drmundoDr.Mundo:Zaunの科学者、Noxusに住んでいる
DariusDarius:Noxus軍の戦士
katarinaKatarina:Noxusの将軍の娘、Noxus軍に所属
leblancLeBlanc:Noxusが出生地
morganaMorgana:Noxusの住人、
singedSinged:Zaunの錬金術師
sionSion:Noxus軍の司令
swainSwain:Noxus軍の将軍
talonTalon:Du Couteau将軍(Katarinaの父)のアサシン
urgotUrgot:Noxusの死刑執行人
vladimirVladimir:Noxusが出生地
warwickWarwick:Zaunの錬金術師

Noxusと関係のあるChampion

alistarAlistar:Noxusの囚人
annieAnnie:Gray Order exilesの娘
gragasGragas:一時期Noxusに滞在していた。
mordekaiserMordekaiser:Noxusが起源
rivenRiven:Noxus軍からの脱走兵
sivirSivir:Noxus軍からの脱走兵
twistedfateTwisted Fate:過去にNoxusで詐欺師をやっていた
veigarVeigar:Noxusで投獄されたことがある
xinzhaoXinZhao:Fleshingを生き残った英雄

リンク

http://leagueoflegends.wikia.com/wiki/Noxus


スポンサードリンク