#style(class=champion_stats){{{
//////// チャンピオンの名前 ////////
#rcs(name);

//////// チャンピオンの画像、性能指標(公式サイトより) ////////
#style(class=overview){{
&rcs(icon);
: 攻撃力 | &rcs(attack);
: 防御力 | &rcs(defense);
: 魔力 | &rcs(magic);
: 難易度 | &rcs(difficulty);
}}

//////// チャンピオンの情報 ////////
#style(class=details){{
|~ ロール | &rcs(role); |~ 実装日 | 2010/06/01 |
|~ 価格 | 4800 &be; | 880 &rp; |~ 最終更新 | v12.10 |
}}

//////// チャンピオンのステータス詳細 ////////
//////// 公式サイトのデータは Lv0時の値 (+増加分) なので注意 ////////
#style(class=stats){{
|~ ステータス |~ Lv.1 |~ ... |~ Lv.18 |
|~ 体力 | &rcs(hp1Lv); | '''&rcs(hpPerLevel);''' | &rcs(hp18Lv); |
|~ マナ | &rcs(mp1Lv); | '''&rcs(mpPerLevel);''' | &rcs(mp18Lv); |
|~ 物理防御 | &rcs(armor1Lv); | '''&rcs(armorPerLevel);''' | &rcs(armor18Lv); |
|~ 魔法防御 | &rcs(spellblock1Lv); | '''&rcs(spellblockPerLevel);''' | &rcs(spellblock18Lv); |
|~ 移動速度 |>|>| &rcs(movespeed); |

|~ ステータス |~ Lv.1 |~ ... |~ Lv.18 |
|~ 体力自動回復 | &rcs(hpregen1Lv); | '''&rcs(hpregenPerLevel);''' | &rcs(hpregen18Lv); |
|~ マナ自動回復 | &rcs(mpregen1Lv); | '''&rcs(mpregenPerLevel);''' | &rcs(mpregen18Lv); |
|~ 攻撃力 | &rcs(attackdamage1Lv); | '''&rcs(attackdamagePerLevel);''' | &rcs(attackdamage18Lv); |
|~ 攻撃速度 | &rcs(attackspeed1Lv); | '''&rcs(attackspeedPerLevel);%''' | &rcs(attackspeed18Lv); |
|~ 射程距離 |>|>| &rcs(attackrange); |
}}
#clear
}}}

#style(class=champion_abilities){{
|20%|80%|c
|~ スキル名 |~ 効果 |
#include(データベース/チャンピオン/パーツ/Malzahar)
}}
#BR

* 目次 [#jc7633ef]
#contents
最終更新日時: &lastmod;

* Champion Spotlight [#ifbc76f5]
#netvideos("PC5ScnEH-Rc",480,270);

* 考察 [#v67e32d8]
イカシアでヴォイドの深淵を覗き込み狂信者となった預言者。カサディン&c_kassadin;の村を襲い、カイ=サ&c_kaisa;をヴォイドに連れ去った
DoTダメージが豊富なDPSメイジで、Pushが強く、アイテムが揃ってくるとUltと合わせてかなりのタイマン性能を得る
Ultは対象指定で2.5秒のsupressionを与えるもので、キャッチ性能があり、集団戦においてはCCに弱い敵への強烈なカウンターとなる
ただしこういった性能はアイテムでマナを確保しUltを覚えてからなので、弱い序盤に崩されないよう気をつけたい

'''Pros'''
-豊富かつダメージの大きいAoEによりPushが速く、ウェーブを無視して攻めてくる敵にはWが刺さるためPush勝負にもしやすい
-対象指定で2.5秒のsupressionを与えるUltにより、集団戦においてスカーミッシャーやアサシン等のCCに弱い単体対象を封殺しやすい
-Ultのキャッチ性能により、Gank合わせやRoamが強い
-DPSとsupressionに加えスペルシールドも持ち、育つとかなりのタイマン性能を得る
-高いDPSにより、ファームやオブジェクトの取得も早い

'''Cons'''
-機動スキルを持たず、ハードCCは自身の足も止まるUltのみなため、Gankに弱い
-UltはサッシュやCC解除スキルにより解除されてしまい、対策されやすい
-メイジにしては射程が短めで、バーストは低いため、集団戦において後衛に対するプレッシャーには欠ける
-全体的にマナ消費が激しく、特に序盤はEによる回復を意識しないとすぐに枯渇する
-低レベル帯の戦闘能力に乏しく、とりわけ少数戦で出来ることが少ない

#fold(チャンピオン入門){{{
マナの消費が重く、特に序盤はEの威力が低いため後衛ミニオンもEだけでは潰しきれない。
スキルを使う前にしっかりAAで削っておいてからE、としておかないとあっさりマナが切れてしまう。
Q、Wが揃ってからも、まずAAで削る意識は重要。途切れそうな場合にQを極力対面を巻き込みながら当てていく。
序盤はPush負けしやすいが、対面が見えなくなりロームしていそうでも追跡は基本控える。
ジャングラーと一緒に待ち伏せされていた場合まず間違いなくデスに繋がってしまう。
&br;
Eが育ってくると、ミニオンをあっという間に一掃できる。Pushして味方のオブジェクト確保やGankを手伝おう。
ロームする場合は味方の森と一緒に。引き続き逃げ性能は劣悪、CCも単体にしか効果が無いため、森と出会うと死にがち。
Ultは長時間、かつ確実に相手の動きを止められるので、最もダメージが出る相手を狙うのが基本。
Ultをコンボに絡める場合、可能な限りEWから。これの有無でダメージが大幅に変わる。
&br;
捕まえる手段がUltしか無いので、1人で対面を仕留めるのは苦手。
無理にキルを狙うよりも、Pushして森を手伝う意識をしておく方が結果的にチームに貢献しやすい。
一方でGank合わせは最高峰。森が来る意思を見せているのであれば、フラッシュを使ってでもUltでキャッチしてやろう。
&br;
集団戦においてはまず相手を確認。サッシュ持ちやガングプランク&c_gangplank;に撃つとUltが無駄撃ちになりがち。
これらを狙う場合はCC解除を確認してから。味方にハードCCがある場合は自分のUltを囮にするのもアリではある。
Ult以外ではQの命中精度が集団戦への貢献に直結。長時間・かつCDの短いAoEサイレンスという極悪スキル。
極力相手が固まっている地点を狙って撃つとよい。射程が短いので無理に後衛を狙うと、逆に自分が捕まり何も出来ず死んでしまう。
これはUltについても同様で、ADCを捕まえに行くよりもスカーミッシャーなど、前で暴れる相手を捕まえる意識が重要。
}}}
#fold(チャンピオン対策){{{
序盤のPush性能は低く、マナもきつい。パッシブのシールドを剥がしたら積極的にオールインを狙うとよい。
Qは細かく縦方向に移動してかわし、Eは直接つけられる以外なら、付与されているミニオンから離れて対策可能。
Healthが残っているなら逆にわざと自分にEを連鎖させ、マナ回復を潰してしまうのも装備が整ってない序盤ならばかなり有効。
マナフローバンドや冷静沈着の場合は発動させてしまうリスクがあるので、マルザハールのルーンについてはチェックしておこう。
相手は基本的にレーンを離れられないため、森に序盤の強いチャンピオンを置いて一緒に相手の森をターゲットするのも手。
中盤以降はPushが早く森に負担をかけがちなので、そうなる前にある程度森へと有利を作っておきたい。
Gank耐性も低いので、わざと押させてGankを呼び込むのもOK。当然、シールドは剥がしてからCCを叩き込むこと。
&br;
Ultを覚えてからはGank合わせ性能が極悪。カウンターGankを狙う場合や、よほど強力な逃げ手段が無い限りは油断しない。
特に単独でのダイブは厳禁。まず確実にマルザハールにキルが入ってしまうし、ウェーブのリカバリーが早くリターンが薄い。
前述の通り中盤からはPushが早くなるので、リバーに視界を撒き相手の動きを確認できるようにしたい。
他レーンやオブジェクトの方面に移動する場合は相手の森も一緒にいる可能性が高いことも覚えておこう。
彼我の構成にもよるが、Ultの確実性が高い分、2vs2は基本的にマルザハール側が有利になる。
&br;
集団戦の頃には、特にスカーミッシャー等の射程が短いキャリーはサッシュ&i_quicksilversash;を購入しておく。
あちらの射程も短めなので、距離を保って殴れる場合は買わない選択肢もあるがその場合もフラッシュinに注意。
また、固まっての乱戦になるとQが複数人に当たり、サイレンスでスキル分の差をつけられやすい。
斜めで当たる形を意識するとQが複数に当たりづらくなるので、前線は僅かに横軸をずらしてぶつかるとよいだろう。
}}}

#fold(チャンピオン相性){{{
'''有利(Strong Against)'''
-&c_leblanc;&c_akali;&c_sylas;&c_vladimir;&c_yasuo;
CCに弱いスレイヤー系の対面。集団戦において封殺しやすい。特にAPチャンピオンはサッシュを買いにくいのもミソ。
-&c_masteryi;&c_kayn;&c_rengar;
-&c_samira;&c_vayne;
同じ理由で、スレイヤー系JGと短射程ADC

-&c_zoe;
スキルショットをパッシブやWで防げばまともにダメージを食らわない。

'''不利(Weak Against)'''
-&c_viktor;&c_kayle;&c_swain;
集団戦でのキャリー力が高いがレーンの弱さが弱点とされる対面。
序盤のマルザハールでは咎めることができず、集団戦での影響力で劣るため勝率で劣ることになる。

}}}

#BR
** スキル紹介 [#pe59bfc5]
#style(class=champion_summary_list){{
|50|750|c
|~&ref(./Malzahar_Void_Shift_(P).png,48x48);|''&rcj(p,name);(&rce(p,name);)''&br;強力なスペルシールド。自衛性能の低いマルザハールの生命線であり、これが無い時は無理は禁物。&br;ノーコストで発動できるがCDが長く、またCD中に敵チャンピオンから攻撃を受けるとCDがカウントし直しになる。&br;これが残っている状態ならUltの信頼度がかなり高まるので、極力攻撃を食らわないよう動いて行こう。|
|~&ref(./Malzahar_Call_of_the_Void_(Q).png,48x48);|''&rcj(q,name);(&rce(q,name);)''&br;長射程・低CD・AoEサイレンスという高性能スキル。更に視界まで確保する。&br;軌道が少々変わっており、指定地点を中心にして左右にワームホールが出現し、そこから指定地点に向かってビームが発生する。&br;横幅が広いが縦幅が狭く、前後に移動されると当てづらくなる。&br;また、Eの対象に当てると効果時間がリセットされ、上手く当てると2スキルでかなりの威力を発揮できる。|
|~&ref(./Malzahar_Void_Swarm_(W).png,48x48);|''&rcj(w,name);(&rce(w,name);)''&br;ペットであるヴォイドリングの体力は低く、タワーやAAで一撃で倒され、スキルにも処理されやすい。&br;ただし攻撃性能自体はかなり高め。移動速度・攻撃速度にも優れており、逃げる相手にはバシバシ追撃してくれる。&br;Ultを当てている相手、Eを当てている相手を優先して狙ってくれ、特にUltを食らっている場合反撃も出来ない。コンボに組み込むことでなかなか火力を伸ばしてくれる。&br;中立モンスター相手にも有効で、ペットを盾にしながら戦うと体力を減らさずに処理可能。とはいえ低レベルの間は頼り無いのでジャングルとしてのPickは難しい。&br;同時出現数に制限は無く、スキルヘイストを上げていくと最大9体同時に使役できる。|
|~&ref(./Malzahar_Malefic_Visions_(E).png,48x48);|''&rcj(e,name);(&rce(e,name);)''&br;メインスキル。序盤は少々頼り無いが、中盤からはこれだけでミニオンウェーブをクリア出来る。&br;序盤のマルザハールは消費が結構重い為、これのマナ回復を意識してレーニングをこなしておきたい。&br;敵チャンピオンにかけているとヴォイドリングも積極的に狙ってくれるので、ハラスの際に一緒に使うと便利。|
|~&ref(./Malzahar_Nether_Grasp_(R).png,48x48);&br;&ref(./Malzahar_Null_Zone_(R).png,48x48);|''&rcj(r,name);(&rce(r,name);)''&br;サプレッションなので&s_cleanse;、&i_mikaelsblessing;では解除不能、CC低減も無効。&br;ビームによるダメージ+範囲ダメージにより、対象には凄まじいダメージを発揮できる。&br;強烈だが&i_quicksilversash;、ガングプランク &c_gangplank;のWなど、解除可能な効果も多い。特にキャリーはサッシュを積んでくることが多いので、対象選択には注意。&br;詠唱が中断されなければCCが解除されたとしても、詠唱時間いっぱいまでダメージは発生する。&br;場合によってはサプレッションを解除されても怯まず詠唱し続ける度胸も必要。&br;フルコンボでキルを狙う際は、拘束時間を最大限活用するために極力ヴォイドリングを溜めてから狙うと良い。&br;ちなみに操作ミスを防ぐため、発動からごく僅かな時間マルザハールが操作不能となる。|
}}
#BR

** セリフ [#db03e2c7]
#tab(日本語,英語){{
//---------- 日本語 ----------
'''Upon Selection'''
''「忘却の彼方へ」''

'''Movement/Attacking'''
''「生贄となれ」''
''「イカシアが呼んでいる」''
''「疑う余地もない」''
''「我らは不滅だ」''
''「たやすい」''
''「運命には抗わぬことだ」''
''「定めのままに」''
''「わかった」''
''「命短き者どもめ」''
''「すべて預言通りだ」'' 
''「全ては動き始めた」''
''「命とは脆さだ」''

'''Taunt'''
''「ヴォイドに飲まれたくなければ、大人しく従え!」''
''「貴様の最期を見せてやろう!」''

'''Joke'''
''「ゲップ。ヴォイドで食べ過ぎたか……」''

'''時々'''
''「避けてみよ」''
''「ヴォイドに捧げよ」''
''「内なる声が命じる」''\

//---------- 英語 ----------
'''Upon Selection'''
''"Oblivion awaits..."''
 忘却が待ち受けている……。

'''Movement/Attacking'''
''"We demand sacrifice."''
  生贄が必要だ。
''"At once."''
  すぐに向かおう。
''"Icathia beckons."''
 "Icathia"が誘う。
''"Second sight ordains it."''
  全て見えている。
''"We are timeless."''
  我らは永遠だ。
''"Without question."''
  問題ない。
''"In due course."''
  いずれには。
''"Do not challenge fate's will."''
  運命に抗うな。
''"Inevitable."''
  必然だ。
''"It is done."''
  やったぞ。
''"Their time is short."''
  時間が無い。
''"As was foreseen."''
  予想の範疇だ。
''"It is in motion."''
  向かっている。
''"Mortality is weakness."''
  死を免れない人類は惰弱だ。

'''Taunt'''
''"Bow to the void! Or be consumed by it!"''
  "void"におじぎをするのだ! さもなければ貪られるだろう!
''"Come mortal, witness your demise!"''
  死すべき人よ、お前の死に様を見届けてやろう!

'''Joke'''
''*burps* I think a Voidling just came out."''
 *げっぷ* "Voidling"が出ていったな。(虚無と気体のげっぷ、VoidlingとVoidingを掛けた汚い二重ジョーク)\
}}

** 小ネタ [#hafc8207]

** ストーリー [#qf85d98b]
#tab(日本語,英語){{
//---------- 日本語 ----------
&rcj(lore);\

//---------- 英語 ----------
&rce(lore);\
}}

** スプラッシュアート [#r3ac1a6f]
&splash;

* コメント [#o8ea36f2]
#pcomment_nospam(コメント/Malzahar,20)
----